So-net無料ブログ作成
検索選択

時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す(時事通信)

 政府は12日午前の閣議で、殺人など死刑に相当する罪の公訴時効を撤廃し、人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長することを定めた刑事訴訟法改正案を決定した。今国会で成立させ、6月中の施行を目指す。
 改正案は、殺人や強盗殺人など最高刑が死刑の罪の時効(現行25年)を撤廃。最高刑が無期懲役以下の罪の時効は(1)強姦(ごうかん)致死罪などが30年(同15年)(2)傷害致死罪などが20年(同10年)(3)業務上過失致死罪などが10年(同5年)−に延長される。時効の撤廃・延長は、犯罪被害者や家族らの強い要望を踏まえた措置で、時効が成立していない過去の事件にも適用される。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
可視化法案、今国会で成立を=民主議連
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ

元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>皇太子ご一家と御所で昼食(毎日新聞)
民主、参院選2人目は「若さ」と「女性」 2匹目のドジョウは?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。